転職で履歴書は丁寧に書く必要ですが、会社に対するアピールに関わる事は職務経歴書に書いても問題無いです。

海外に転職する際の履歴書の書き方
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外に転職する際の履歴書の書き方

転職の履歴書の記入注意点と書くべき要点

転職において履歴書の書き方は重要です。書類選考の際に企業の担当者は、封筒の表書きが丁寧に書かれているか否かで、志望者が本当に採用されたいと思って、応募しているかを判断して、そうでないと感じた場合は、封筒を開けずにそのまま不採用を決めてしまうという、話も聞いた事があります。履歴書は書類選考やあるいは面接が終った後に、唯一応募者のアピール材料となるものです。つまり、応募者の分身だという意識で手を抜かずに記入することが必要です。

新卒の場合は働いた経験がないため、職務経歴書を書く必要がありません。そのため、志望動機や自己PRを全て履歴書に記載する必要があります。転職の場合だと職務経歴書を別途作成する必要あります。そのため、志望時や自己PRを職務経歴書の方に書いて、もう一つの書類の方は志望動機や自己PRは省略するという方法もあります。職務経歴書は一般的には手書きで無くて、パソコンのワープロソフトで作成して印刷する事が多いので、志望動機や自己PRは職務経歴書の方に、記載した方が手間が省けて効率的だと思います。履歴の方は丁寧に書く必要があると記載しましたが、その意味は極端に言えばなぐり書きのように、乱雑な書き方をしてはいけないという意味のことであって、学歴・職歴、資格、応募者連絡先、住所のような、必要最低限の事項が必要な分だけ書いてあれば良いという趣旨であって、会社に対するアピールに関わることは職務経歴書のみに記載しても問題ありません。


Copyright(c) 2017 海外に転職する際の履歴書の書き方 All Rights Reserved.