新卒の履歴書と違い、転職時の履歴書は丁寧に書くのが基本です。1つ1つの会社をきちんとかきましょう。

海外に転職する際の履歴書の書き方
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外に転職する際の履歴書の書き方

転職時の履歴書は丁寧に作成する

仕事の応募をする時に必ず会社に応募書類として提出するのが履歴書です。昔と違い、もう市販の履歴書に手書きをする、というのも最近ではなくなりつつありますが、手書きで出す場合には言うまでもなく文字を丁寧に1文字1文字丁寧に正確に書くのが基本です。パソコンで作成するならばなおさら、文字変換の間違えがないか、変な所で行換えがなされていないか、など、細かな点に注意が必要です。なぜなら、履歴書というのはあなたの顔だからです。履歴書が丁寧に書かれていると、それだけであなたの性格や人柄を表すわけですからアイスブレーカーとして、閉ざされていた門戸を開ける大事なカギとなるかもしれません。

新卒のかたならば、履歴書には職歴がないわけですが、転職ともなると、職歴の所には少なくても1社、多い方ならば、添付用紙を用いないといけないほど、社名が並ぶ事もあるでしょう。そうした場合、丁寧に正確にお世話になった前職の勤務先をきちんと表記するのがマナーというものです。社名も略さず、きちんと「株式会社」、まで記載し、部署名も他人が見てわかるように丁寧に書きましょう。また、社名のあとに少し余白などがあれば、その会社が何を業態としているか、もカッコ書きなどで表記しておくと、面接する人がわかりやすくてよいかもしれません。学歴や職歴以外のところでも、趣味やその他の項目もきちんと余白無しに記入する事が望ましいと思います。こういう箇所にきちんと記入しておくと、面接時にちょっとした会話が弾み、そこからあなたの人柄がうかがい知れるよい印象を与えるかもしれません。いずれにせよ、履歴書は転職のキーアイテムです。きちんと書くようにしましょう。


Copyright(c) 2017 海外に転職する際の履歴書の書き方 All Rights Reserved.