転職は誰にでも平等にチャンスがあります。書類選考が通らずに不安になっている方は履歴書の書き方を工夫しましょう。

海外に転職する際の履歴書の書き方
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外に転職する際の履歴書の書き方

転職では、履歴書の書き方によって採用、不採用が決まります。

転職を行うにあたり、まず最初に多くの企業で行われる事、それは書類選考です。特に正社員での採用を望む場合は、書類選考は避けては通れない道となります。その際に必要なのが履歴書です。履歴書は企業が応募者の素質を見極める為によく用いられます。

書類選考が行われる企業に応募した時、求職者はまず履歴書で他人との差を見せなければなりません。もちろん、虚偽を記載する事は許されませんので、自分が今まで経験した事をありのままに書きましょう。履歴書には、氏名、住所、電話番号、学歴、経歴の他に、取得資格や志望動機、自己PRを書く欄があります。学歴や経歴を変える事はできませんが、自分が今まで培ってきた技能や、企業を志望する事に対する熱意を表現する事、自分をしっかりアピールする事は、履歴書で十分可能です。今までの経験に自信のない方でも、日頃から勉強をして資格を取得し、しっかりと準備しておく事で、自分に自信が持てるようになります。

逆に、経験してきた仕事に自信のある方は、それを自己PRに書き、他者との差をつける事が可能です。企業に自分への興味を持たせる事で、書類選考通過の可能性が増し、次のステップである選考試験や面接に繋がりやすくなります。このように、人によって履歴書でのアピールの仕方は全く変わってきます。企業が自分に興味をそそられるような書き方をよく探求し、日頃から努力する事で、どのような人材にでも書類選考を通過するチャンスは平等に訪れるのです。

オススメワード



Copyright(c) 2017 海外に転職する際の履歴書の書き方 All Rights Reserved.